青汁の副作用を調べる

青汁に副作用があるのか?

 

青汁といえば健康食品として一番強くイメージされる栄養食品でしょう。すこし通販番組を見ればいやというほど青汁が押されています。近年の研究の結果、青臭いことでも有名な青汁は、とても飲みやすくおいしくなっており、ますます我々の健康を助けてくれる優秀な食品としてますます我々の食卓の近くににじり寄っています。

 

ここで少し疑問に思った方もいるのではないのでしょうか。どんないいものにも悪いところはある。いや、いいものだからこそ悪いところがあるのではないか。そう思った方もいるはずです。その感性は素晴らしいもので、薬局に打っている薬、栄養補助食品、漢方にはしっかりと副作用があることが示されていて、必ずと言っていいほどのデメリットが存在しているのです。

もちろん生活を脅かすほどのものではなく(そんなものは市場に出回りにくいのですが)しかし、常用していいものかといえばそうではないでしょう。その点、青汁は大丈夫なのか、副作用の心配なく常用していいものなのか。そう思ってしまいます。

 

注意が必要な人とは?

 

ある体質の人は注意が必要になります。その一つに腎臓が弱っているひとです。青汁にはカリウムという栄養素が多く含まれています。これは塩分を体の外に出してくれる素晴らしい栄養素なのですが腎臓に負担を掛ける栄養素でもあるのです。

 

青汁はコレステロール値を低下させたり、免疫力を上げることが出来るという事で、とても人気のある飲み物です。副作用と言って良いのかどうかわかりませんが、実は飲む事で体調を崩してしまう人もいるのです。

 

健康になるからといって、がむしゃらに一日に何杯も青汁を飲んでしまうのも、かえって健康を悪くしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。何事も、しっかりと会社の推奨する飲み方を守って、一日に書かれている杯数以上は飲まないように心がけましょう。

 

 

でも結果から言えば大体の人には副作用の心配はありません。なぜなら青汁とは明日葉やケールなどの植物が原材料の食料であり、いってしまえば野菜のペーストを濃くしたようなものなのです。野菜を食べて健康を害するにはなかなか人間がとるには難しい量を耐える必要があります。もちろん調子に乗ってあり得ない量を一気にとってしまえば腹痛や下痢などを引き起こしますが、大体の人には常用は問題なくできるはずです。

 

そこで、皆さんに良く飲まれている副作用の少なそうな青汁を何点か調べてみました!ご参考にしてください!

 

オススメの青汁

 

「緑がおいしい青汁」


http://www.wagonsale.jp/aojiru/

 

「緑がおいしい青汁」は消費者庁が認可した特定保健用食品です。青汁の中でもごく一部の製品しかこの特定保健用食品を取得したものはありません。
「食物繊維"難消化性デキストリン"が含まれているため食物繊維が手軽に摂れ、便通の改善に役立ちます」と国が認めており、他社製品とは一線を隔しています。

緑がおいしい青汁

「レモンの青汁」

 

http://www.greenhouse-e.com/landing/cm_aojiru02/

 

「レモンの青汁」はケール75%にレモン果汁を加えたスッキリ爽やかな風味で
これまで青汁が続かなかった方にも飲みやすく仕上げています。

おいしくゴクゴク飲めるだけでなく、ケールの栄養分に加えて、2袋で1日の成人の栄養所要量分のビタミンC100mg(レモン約1個分、ピーマン約4個分)が摂れる栄養機能食品です。

レモンの青汁

ハーブ系青汁「楽・月・花」

http://lp.mycare.co.jp/rakugetsuka/

「ふるさと青汁」でおなじみのマイケアが提供する、ハーブ系青汁「楽・月・花」です。

「冷えからくる毎月の生理痛やイライラが憂鬱」「顔色の悪さ・クマをなんとかしたい」…。「楽・月・花」の開発は、企画を手掛ける女性社員達のそんな本音から生まれました。

食物の力で体質は変えられる!そんな想いが込められた商品です。

めぐりごこち 楽・月・火

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク集